産後の骨盤調整

query_builder 2021/12/25
ブログ
YOU_DSC_0834_TP_V

こんにちは!


横浜駅前整体ルメディエ治療院のharuです。



今回は産後の骨盤調整についてです。


当院では、医師の許可が出た妊娠中・産後の方に施術させて頂いている為、妊娠中・産後の身体のお悩みを伺う事も多いです。


私がよく伺うお悩みは・・・


・骨盤の開きやお尻が大きくなった

・体重が戻らない

・プロポーションの崩れ

・腰痛・仙腸関節痛などの痛み


などですが、若い方でも産後の尿漏れに悩む方も少なくはありません。



妊娠すると「リラキシン」と言うホルモンが分泌され、骨盤を開きやすくし、分娩に備えます。


そのホルモンの影響もあり、骨盤の開きなどが出やすくなりますが、出産には欠かせないホルモンがリラキシンです。



それでは、リラキシンとはどんなホルモンなのでしょうか・・・



※リラキシンとは・・・



主に卵巣から分泌される女性ホルモンの1つで、妊娠期間中に分泌が増えます。


そして、特に妊娠後期は分泌が盛んになります。


妊娠してリラキシンが分泌されると、仙腸関節や恥骨結合という2つの骨盤を支える靭帯が緩み骨盤を開きやすくし、赤ちゃんがスムーズに生まれやすいように産道を確保します。


軟骨によってしっかり結合されている恥骨結合はもともと、2~3㎜の幅ですが、1㎝位まで広がります。



リラキシンは、妊娠2~3ケ月頃から分泌すると言われております。


通常、靭帯は関節を支える役割を果たしますが、リラキシンが体内に増え、骨盤などが緩んだ事で、その関節を支えられなくなり腰などの筋肉が緊張しやすくなります。

その為妊娠中の腰痛などの症状に繋がります。



色々な説がありますが、リラキシンの分泌が終わり、靭帯が少しずつ固まってくる事を考え、産後1ヶ月検診を終えて、子宮の状態が回復したら、なるべく産後6ヶ月以内位を目安に骨盤調整をするのが理想的です!


NEW

  • 脂質=悪者?

    query_builder 2022/03/03
  • 一周回って肩凝りの話

    query_builder 2022/02/04
  • 栄養の宝庫

    query_builder 2022/01/12
  • 産後の骨盤調整

    query_builder 2021/12/25
  • 冷えキケン

    query_builder 2021/12/12

CATEGORY

ARCHIVE