自律神経を整える ONSEN

query_builder 2020/12/27
ブログ
blog onsen 1

TAKAです


今の私たちの多くは 運動不足やクーラーの当たり過ぎなどによって 汗腺機能が低下している傾向にあります。



体には汗でないと排出できない老廃物もあります。

水銀をはじめとした金属系の物質などが該当します。


上記の金属系の物質が体内に蓄積されると、 キレ易くなったり、ボーっとしたり、判断力が低下します。


簡単に汗をかきたいけど、運動はしたくないそこのあなた!


朗報です


お・ん・せ・ん


そう、『温泉』に入りましょう♪


これからの寒い時期は温泉に限りますなぁ!(^^)!


★温度によって○○神経が刺激される!?


一般的に日本人が気持ち良いとされている温度が42℃。

温泉地の湯温度は大体この温度に設定されているようです。

42℃以上だと“交感神経”が刺激されて、 しっかりと目が覚めた状態となります。

37℃~40℃の温泉は気持ちを静める働きをする “副交感神経”が優位に立ち落ち着いた気分になります。

その時々の体のコンディションに合わせて温泉選びをするのも 楽しいかもしれませんね!(^^)!


★温泉の3つの効果がすごい


1、温熱効果 →体が温まると血管が広がり新陳代謝が高まり、体内の不要物の排出を促す

2、水圧効果 →体表面にかかる静水圧により全身に圧力がかかり、内臓が刺激され、内臓運動が促進される。言わば、温泉による自動全身マッサージです。

3、浮力効果 →お湯に首まで浸かると体重がなんと10分の1に!

体が軽くなった感覚により筋肉が緩み、リラックスした状態になりやすいようです。


★隠し効果

温泉地に行くことにより普段のリアルな生活から 『非現実感・特別感』を得られます。

ストレスや精神疲労に効果があり、心因的に回復。

温泉地の他、森林に囲まれたり、山に登ってみたり、 “自然に囲まれる事、自然を感じること”だけでも効果 があります(^^)/

私自身、温泉が大好きで、調子が良いと週2で 入りに行っちゃうくらいです。

家の近くに極上の銭湯でも出来る事を切に願っております☆


★まとめ

温泉入って汗かいてリラックスしよー!(^^)!

NEW

  • 寝る時間が7時間からズレれると死亡リスクが上がる話

    query_builder 2022/08/09
  • 脂質=悪者?

    query_builder 2022/03/03
  • 一周回って肩凝りの話

    query_builder 2022/02/04
  • 栄養の宝庫

    query_builder 2022/01/12
  • 産後の骨盤調整

    query_builder 2021/12/25

CATEGORY

ARCHIVE